HOME > 展覧会レポート:種別について / ドローイングについて > ドローイング・デッサン・版画コンクール(公募)について

種別について / ドローイングについて

パリ国際サロン【ドローイング・コンクール部門】について
パリ国際サロンと同時開催される、パリ国際サロン【ドローイング・コンクール部門】について
<ドローイング> そのものの意味は、描画手法の一つで、描画手順を記録して基本的に線画で画像を構成する手法のことですが、この展覧会ではそのような手法で描かれたドローイング作品(本画でないという意)、デッサン作品、版画作品、素描作品など受け付けています。

本画ではない、とは鉛筆やペン、木炭などで線を引くという行為に重きをおいて描かれた絵を指す。
(絵の具を塗ることに重きをおくわけではない)

本コンクールでは、厚さ3mmまでの紙上のものに自由に描かれた作品全てを受け付けています。
本コンクールのはじまりは、純粋絵画の感性と芸術性を表現するという主旨のもと、かつてはバルセロナ在ホアンミロ財団が主催していた「ホアンミロ ドローイングコンクール」を継承する意味で、1999年より「ドローイング・デッサン・版画コンクール」として始まりました。

ドローイングに重きを置くフランスを介して、日本のドローイング美術を世界へ発信する、邦人作家の国際プロ画壇への登竜門的コンクールとして、現在はパリ国際サロンの公募部門として開催しています。
作品規格について(詳細は規約をご覧ください)
厚さ3mm以内の紙状(または布状)の平面作品に限ります。
サイズは51cm×72cm以内 の紙、布またはそれに類する形状です。

額装は現地で用意されているため、無額装です。
作品は裸状で折れないように搬入いただく必要があります。

※キャンバスは不可。
※無額装のボードは5mmまで。裏面に展示用の取付具と紐を要設置。
ドローイング・コンクールは公募コンクールです。どなたでもご応募可能です。
欧州美術クラブ企画の展覧会の中で、最も手軽に挑戦できる、リーズナブルな公募展です。
パリの地にて、厚さ3mmの中での美の競い合いにチャレンジしてみませんか?


ドローイング・コンクール部門の規約を請求する

パリ国際サロンのページへ戻る
  • パリ古文書美術館にて開催

  • パリ ギャラリ・デュ・マレにて開催

Page top
  • 国際美術賞展
  • 日本・フランス現代美術世界展
  • パリ国際サロン
  • 欧州美術クラブ 公式アカウント
  • 美術賞展特設アカウント
  • パリ国際サロン
Copyright © 2015 国際公募・美術展の欧州美術クラブ All rights reserved.