HOME > 展覧会レポート:NEPU代表作家 > 2013年NEPU代表作家/Les représentants UKIYO-É

NEPU代表作家

2013年NEPU代表作家/Les représentants UKIYO-Éとは
Les représentants UKIYO-É 2013/2013年NEPU代表作家とは、2012年に開催された関係展にて発表された賞で、2013年は5名が選出されました。

この5名は新エコールドパリ浮世・絵美術家協会の活動を普及する目的で 【2013年を代表する公認作家】とし、1年間国内外で広報されました。
2013年NEPU代表作家
熊谷睦男、MARIKO、坂本龍彦、筒井義明、臼井法子
熊谷 睦男/KUMAGAI Mutsuo
Q:これからの展望、今後の抱負等を教えて下さい
NEPU代表作家に加えていただきありがとうございました。
現在、特に東日本大震災後から、平泉世界文化遺産の光明に、震災犠牲者の鎮魂と復興を祈願することを念頭にして制作しており、今後とも描き続けたいと思っています。
Q:普段の制作において心がけている事を教えて下さい
平泉世界文化遺産の登録キャンペーンに情熱を傾注して、“延年の舞・老女”を踊り続けて、登録の朗報を待たずに急逝した仕手・南洞氏(毛越寺一山・ 壽徳院重職)の遺志(浄土の世界感=世の安寧祈願)を故人の舞の遺影に託して、震災で犠牲になった多くの友人・知人・郷土の人々の鎮魂を祈願すること。
更に震災で失われてしまった郷土の在りし日の情景を後世に伝え続けていくことを心がけて、創作を続けたいと思っています。
Q:略歴
• 1966〜89 創造美術会所属
• 2004〜13 欧美国際公募美術賞展<‘12第44回スペイン美術賞展・大賞>パリ国際サロン出展<‘06ロジェ・ブイヨ賞、‘09大賞、‘12ギャラリー・デュ・マレ賞>日仏現代美術世界展<‘12NEPU賞>
• 2007〜'13 ル・サロン入選出展<‘12銅賞>
• 2008   日仏交流150周年記念芸術祭 OASIS in Paris<グルネル賞>
• 2013   サロン・ドトーヌ初出品入選
• 所属   ル・サロン永久会員、JIAS会員、NEPU創立会員、採光会会長、(元創造美術会会員)
坂本 龍彦/SAKAMOTO Tatsuhiko
Q:これからの展望、今後の抱負等を教えて下さい
遠くには、現代的な明るさを保ちながら古典的な深遠を取り戻した世界を夢想しています。が、近くにあっては、身の回りの事を具体的に一つひとつ丁寧にこなしていくだけです。
Q:普段の制作において心がけている事を教えて下さい
ここ4、5年で似たようなパターンになってきています。
40年やってきて、どうしてもこうなってしまうという部分も確かにありますが、こんなもんで出来上がってはいけない。
壊すこと、捨てること、変わることを恐れてはいけないと言い聞かせています。
略歴
• 1953年愛媛県生まれ
• 1999パリ国際サロン大賞
• 2000サロン・ド・メ招待出展
• 2001ブリスベン国際美術展大賞
• 2003イタリア美術賞展大賞
• JIAS日本国際美術家協会会員
• NEPU会員
• 仏テーラー財団美術家協会会員
臼井 法子/USUI Noriko
Q:これからの展望、今後の抱負等を教えて下さい
この度、このような賞を頂き、ありがとうございます。
絵をみて頂いた方に何でもいいので何か感じて頂けたらと思います。
暗い絵しか描けないので、うれしい事など表現できるようになりたいです。
Q:普段の制作において心がけている事を教えて下さい
心がけている事は、散歩したり、景色をみたり、いろんな事から自分の感情を引き出す事。
ちょうちょの躍動感や、悲しい様子の表現
Q:略歴
TDC賞
メキシコ美術賞展 日仏賞受賞
パリ国際サロン 浮世・絵賞
NEPU賞
スペイン美術賞展 パリ国際サロン賞

JIAS日本国際美術家協会会員
NEPU会員
MARIKO
Q:これからの展望、今後の抱負等を教えて下さい
日本美術を好み、茶道(裏千家)、箏も勉強中でございます。
日本画もそうですが日本人が昔より伝えたいものはどの分野でも共通しており、そこには日本人独特の美学があったからだと考えております。
その昔から大切にされていた美学を私の中で変えることなく制作を続け、そして個人的にはその美学が影響を与えることになったジャポニズムについてさらに研究を深めたいと思います。
Q:普段の制作において心がけている事を教えて下さい
私はいつも描く前にfeeling=感覚を大事に考えております。
伝わってくること、伝えたいことを第一に、『悲哀ーHIAIー』を描いた時もそうでしたが、父が東日本大震災で被災したいこともあり、震災で悲しんでおられる方々の気持ちを全面にぶつけました。
Q:略歴
二十歳頃より独学にて日本画に取り組む。
現在、東京と岩手のアトリエにて制作活動を続ける。
第13回日本・フランス現代美術世界展にて新エコールドパリ浮世・絵賞受賞
筒井 義明/TSUTSUI Yoshiaki
製作中
Page top
  • 国際美術賞展
  • 日本・フランス現代美術世界展
  • パリ国際サロン
  • 欧州美術クラブ 公式アカウント
  • 美術賞展特設アカウント
  • パリ国際サロン
Copyright © 2015 国際公募・美術展の欧州美術クラブ All rights reserved.