HOME > 展覧会レポート:欧美国際公募 美術賞展報告 > 第47回 欧美国際公募 ベルギー・オランダ美術賞展 展覧会報告(2015)

欧美国際公募 美術賞展報告

第47回ベルギー・オランダ美術賞展 展覧会報告/入賞者一覧
本展はベルギー トンヘレン市 エッセンザ、アップルズ、ペペ(いずれもユリアヌス商業施設内)、オランダはマーストリヒト市 フレイトホフ・シアター、ブートプラットフォームと、各市内中心部に位置する5会場にて、2015年5月2日(土)(マーストリヒト市では3日)から開催された。
2都市5会場にて、現地メディアと多数の来場者から歓迎を受けた2つの都市のオープニングレセプション
ベルギーでのオープニングレセプションは、5月2日(土)トンヘレン市会場エッセンザにて、開催を心待ちにしていた多数の市民とメディアと共に、盛大に祝された。
  • ベルギー トンヘレンでのオープニング

  • オランダマーストリヒト市ブートプラットフォーム

ベルギー オープニングレセプション
2015年5月2日(土)のオープニングレセプションでは、ベルギー トンヘレンの市長パトリック・デワール氏、在ベルギー大使館 栗原恵津子書記官、トンヘレン美術アカデミーディレクター レネ・ファンブラバント氏らから挨拶を賜った。

メディア、美術愛好家で賑わったオープニング

  • ベルギー リンブルグ州よりレインダース知事のご挨拶

  • 在ベルギー大使館 栗原恵津子書記官のご挨拶

  • 日本からの作品に、多数の来場者からあたたかい歓迎を受けた

  • 寸評をするファンブラバント氏

ファンブラバント氏からは日本作品の繊細さ、精神的土壌と、みずみずしい独創力の融合に敬意が表された。続いて欧美代表代理 馬郡文平から、開催にあたって尽力した現地関係者と、日本からの参観団を熱烈に歓迎した現地市民に感謝の辞が述べられた。

その後、来賓と来場者らは日本からの参観団とともに、トンヘレン市の全3会場を回覧、様々な手法からなる個性あふれる展示を堪能した。
オランダ オープニングレセプション
  • フレイトホフシアタター

  • 連日舞台も上映される市民の憩いの施設でもある

オランダでは5月3日(日)にレセプションがマーストリヒト市の両会場にて開催された。
在オランダ日本大使館 辻優大使、マーストリヒト暫定市長ミーケ・ダムスマ女史らより祝辞を賜り、大勢の来場者と共に開催を祝した。
  • マーストリヒト暫定市長ミーケ・ダムスマ女史

  • 在オランダ日本大使館 辻優大使

  • 関係来賓者と多くの美術愛好家がつめかけた

  • オランダ来賓との文化交流

  • 寸評をするファンブラバント氏

  • ニコル女史も一人一人に寸評を行った

歴史ある両都市で友好を深めた文化交流イベント
本展開催にあわせ、日本文化を紹介する様々な交流イベントが開催された。

2日(土)、3日(日)には栗原光峰女史による書のデモンストレーションとワークショップが行われた。栗原女史の先導によって書の魅力が存分に伝えられ、夢中になって楽しむ参加者の姿が見られた。

続いて行われた折り紙のワークショップでも、参観団と現地市民の言葉の壁を越えた交流の場となり、現地の参加者は名残惜しそうにイベントを後にした。

4日(月)にはファンブラバント氏がディレクターを務めるトンヘレン美術アカデミーを訪問。開放的な空間のなか、のびやかな想像力のまま生き生きと創作を行う生徒たちを見学した。
  • 栗原光峰女史による書のデモ

  • 折り紙のワークショップでの交流

  • ワークショップも開催された

  • 栗原女史によるデモ

異文化に対して大きく開かれた両都市を舞台に、躍動した日本の現代アート作品群
本展舞台となったトンヘレン市は、ローマ時代の城壁に囲まれ、伝統的な街並みが続く穏やかな街ながら、遠路訪れた異邦の日本参観団を街全体で快く迎え入れた。マーストリヒト市もオランダでは最古の都市のひとつであると同時に、欧州各国からの観光客と1万人を越える学生で常に活況絶えない国際都市。文化・風習の特色を鮮やかに堅持しつつ遥か東洋の異文化に対して大きく開かれた両市での文化芸術交流は新鮮で貴重な経験となった。

日本人作家195名265点の、日本的精神性から出発した自在な創造性による多様な技法作品は、両市内外だけでなくオランダ・ベルギーの国境を超えて連日大勢の来場者を記録し、惜しまれつつ大成功のうちに閉幕となった。


現地用特設Facebook

●本展覧会の図録を販売しております。過去の傾向をお知りになりたい方は参考になさってください。
図録販売ページはこちら
  • トンヘレン会場 エッセンザ

  • エッセンザには日本的な作品が多く展示され、トンヘレン市を行き交う沢山の人が展覧に訪れた

  • アップルズ。大きく開く入り口扉から会場奥までが見渡せる広く明るい会場内部

  • ペペ。平面作品から立体まで、ひとつひとつの個性あふれる作品の感性と日本美が高評を得た。

  • マーストリヒト市の中心広場に面したフレイトホフシアター。連日舞台も上演される

  • ブートプラットフォーム

  • 普段から多くのアート・イベントが行われる本会場では大勢の芸術愛好家が来場した。

第47回ベルギー・オランダ美術賞展 入賞者

大賞

大賞:津江 三千子「月に咲く」日本画、72.7×90.9

大賞受賞者インタビューはこちら

準大賞

準大賞:真船 艶「統合」、ガラス・彩色、91×91

準大賞:大里 青羽 「16才」日本画、65×81

パリ国際サロン賞

パリ国際サロン賞:小野 功夫 「ICARUS」油彩、100×72.7

瀬野 清「街のあかり」
ミクストメディア、91.4×61

優秀賞

  • 優秀賞:江川 京子「眠りへの誘い」
    アクリル、91.2×65.2

  • 優秀賞:香葩「my 文楽」
    水墨、180×100

  • 優秀賞:栗原 光峰
    「天界への道 ~熊野の龍~」
    創作書、179.5×89

  • 優秀賞:竹中 義彰
    「花のオマージュ」
    レジンアートペインティング、
    60.6×45.5

優秀賞:吉野 友佳子
「朝、目が覚めて」
アクリル、102×82.3

Page top
  • 国際美術賞展
  • 日本・フランス現代美術世界展
  • パリ国際サロン
  • 欧州美術クラブ 公式アカウント
  • 美術賞展特設アカウント
  • パリ国際サロン
Copyright © 2015 国際公募・美術展の欧州美術クラブ All rights reserved.