HOME > 展覧会レポート:欧美国際公募 美術賞展報告 > 第37回 欧美国際公募 「スペイン美術賞展」展覧会報告(2008)

欧美国際公募 美術賞展報告

第37回 欧美国際公募「スペイン美術賞展」展覧会報告 / 入賞者一覧
第37回 欧美国際公募 「スペイン美術賞展」は、去る2008年6月5日から6月15日まで、スペイン・カンタブリア州・コミージャスにて開催されました。
会場は【ソブレジャノ宮殿】【コミージャス新役場】【コミージャス旧役場】の3会場にて開催され、日本人作家250人による265点の油彩・アクリル・水彩・版画・日本画・書・染色・工芸等、多種多様な技法の作品が展示されました。

(左)本展のポスターはコミージャス市に張り巡らされた
(左より2番目)展覧会の目録(右2枚)コミージャス新役場正面玄関に飾られた高田墨山氏による書

日本からは参観研修団として26名が参加し、オープニングレセプションに出席した他、多くの文化交流を行いました。
コミージャス市表敬訪問
6月3日には本展のきっかけを作っていただいたコミージャス市長テレサ・ノセダ・ジャーノ女史を訪ね新役場へ表敬訪問を行い、現地関係者による温かい歓迎を受ける模様はメディアでも話題となりました。

(左下)現地テレビ局の取材を受ける本展覧会
(右下)テレビ取材を受けるテレサ市長と馬郡代表

オープニングレセプション---2008.6.5
本展のオープニングレセプションは6月5日夜、かつてこの地で活躍したコミージャス公爵により18世紀に建てられた【ソブレジャノ宮殿】にて開催されました。
レセプションにはカンタブリア州首相ミゲ・アンヘル・レビージャ氏をはじめ、駐スペイン日本国大使吉川元偉氏、カンタブリア第三大学芸術学部教授エリオ・ゴガー氏、現地美術関係者及び美術愛好家など150名以上が集まり、新聞やテレビでも大きく取り上げられる大変盛大な式となりました。

サンティジャーナ・デル・マル市長イシデロ・ラバゴ氏(写真左より3番目)
吉川元偉大使夫婦(写真中央)、エリオ・ゴガー氏(右より3番目)他、多くの来賓者が駆けつけた

(左)レビーシャ首相へ着物贈呈
(中央)カンタブリア州新聞ELDIARIOより

(左)レセプションに参加した邦人作家たち
(右)立ち見の来場者も出た盛大なレセプション会場

首相、大使の来訪に現地プレスが多く駆けつけ大きく報道された

(左)エリオ・ゴガー氏による解説を受ける首相
(右)鑑賞するコミージャス市民

その他のイベント 交流
書 デモンストレーション
6月5日と7日には、高田墨山氏を中心に行われた日本の“書”によるデモンストレーションが開催されました。

日本人作家の展覧会が初めての現地で大変な関心を呼び、会場に集まった多くの方々が熱心に見入りました。

(左)高田墨山氏によるデモンストレーションを鑑賞される吉川元偉駐スペイン日本国大使ご夫婦
(右)デモを撮影する現地テレビ局

(左)高田墨山氏

書 教室
さらに7日には書の教室が開催され、コミージャスの市民が生まれて初めての書を体験されました。

(左)高田墨山氏による書の講義を真剣に聞くコミージャスの市民

寸評会
また、6月5日には、本展審査員エリオ・ゴガー氏による寸評会も開催され、丁寧な寸評で作家達を勇気づけました。

(左)本展審査員エリオ・ゴガー氏による寸評風景

本展全ての催しを通し、2009年に再び開講するボンティフィシア大学により今再び活気づいているコミージャス市と日本の文化交流の発展、可能性を強く印象づけるものとなりました。

●本展覧会の図録を販売しております。過去の傾向をお知りになりたい方は参考になさってください。
図録販売ページはこちら

第37回 欧美国際公募 スペイン美術賞展 入賞者一覧

準大賞

準大賞:中川 輝子「ワープする白い空間」 アクリル、100x72.7

準大賞:桶田 洋明「記憶の刻ー前」 アクリル、72.7x90.9 

パリ国際サロン賞

(左)パリ国際サロン賞:石川 清啓「普賢菩薩〜癒〜」 油彩、116.7x91.0
(右)パリ国際サロン賞:田村 康夫「一輪挿し AB」 花器、28x13x19、17x8x16

日仏現代美術世界展賞

(左)日仏現代美術世界展賞:摩理夫「生命誕生 XII」 油彩、91x91
(右)日仏現代美術世界展賞:杉本 秀子「名木(吉高の大山桜)」 油彩、82x102

ドローイング賞

(左)ドローイング賞:増谷 佐智子「天女の楽園」日本画、103x83
(右)ドローイング賞:森本 マン「巣立ち」墨象、104x75

優秀賞

(左)優秀賞:大波 久夫 「虹の古里」 水墨、90.9x116.7
(中央)優秀賞:Tooru.Nogawa 「Walküre(黒衣の戦女神)」油彩、116.7x90.9
(右)優秀賞:吉見 公子 「街I, II」 ミクストメディア、80.5x100、80.5x100

特別賞

特別賞:並木 誠 「煩悩」 油彩、90x72
特別賞:みやざき すうじ「遣はされ静水に満たされてゐる。」油彩、100.0x80.3

審査員
名誉審査員:テレサ・ノセダ・ジャーノ(コミージャス市長)
審査委員長:エリオ・ゴガー (カンタブリア第3大学芸術学部教授、
      カンタブリア友の会、美術協会会長)
審査員:ファン サンタナ デ アロ (カンタブリア友の会、美術協会会員)
審査員:ロサマリア サンチェス シアンカ (カンタブリア友の会、美術協会会員)
審査アドバイザー:馬郡俊文(欧州美術クラブ・JIAS日本国際美術家協会代表)
副賞
準大賞:
賞金50万円(大賞該当者なしのため、大賞賞金100万円を準大賞受賞者に分配) 
月刊「美術の窓」で作品紹介。
欧美ミニサロン「にほんばし・ラセーヌ」にて受賞作家展開催


パリ国際サロン賞:
2008年パリ国際サロン出品招待
月刊「美術の窓」で作品紹介。
欧美ミニサロン「にほんばし・ラセーヌ」にて受賞作家展開催 


日仏現代美術世界展賞:
2009年日仏現代美術世界展出品招待
月刊「美術の窓」で作品紹介。
欧美ミニサロン「にほんばし・ラセーヌ」
にて受賞作家展開催


ドローイング賞:
2008年ドローイング・デッサン・版画コンクール出品招待

★表彰式は2009年1月に東京で行う予定です。
授賞者には後日詳細を改めてご連絡致します。
Page top
  • 国際美術賞展
  • 日本・フランス現代美術世界展
  • パリ国際サロン
  • 欧州美術クラブ 公式アカウント
  • 美術賞展特設アカウント
  • パリ国際サロン
Copyright © 2015 国際公募・美術展の欧州美術クラブ All rights reserved.