HOME > 展覧会レポート:受賞者インタビュー > 第17回日本・フランス現代美術世界展 2016 大賞:小野 功夫

受賞者インタビュー

第17回日本・フランス現代美術世界展 2016 大賞:小野 功夫
2016年8月3日(水)から14日(日)まで、東京の国立新美術館にて開催された第17回日本・フランス現代美術世界展で大賞を受賞された作家へのインタビューです
第17回日本・フランス現代美術世界展 大賞
1分1秒でも多くキャンバスに向かうのが習慣になっています...
大賞:小野 功夫 「宇宙擬き」油彩 100×80.3
  • 国立新美術館 展示風景

受賞者インタビュー
まずはこの度の受賞の感想をお聞かせください
ありがとうございます。本当に、大賞に相応しいかどうか。
たしょう自問もしていますが、素直にうれしいです。
本作品を製作することになったきっかけや、制作時に工夫した点、気を遣った点などあれば、お聞かせ下さい
アトリエの片隅で、幾度か捨てきれずにのこされた古い地球儀に。今日も、西日があたったり、シルエットをつくったり。
私が持つ宇宙。
ご自身の制作の方針はどのようなものでしょうか?普段の制作において、心がけていることを教えてください
方針や心掛けている、ということではありませんが。一分一秒でも多くキャンバスに向かうのが習慣になっています。
制作は、自分の内のイメージを描くというよりか。
その時々の画面の内に見えてくるものを描く感じです。
近年手掛けているテーマがあればお聞かせください
別にテーマとは思っていないのですが。最近、気がついてみると、私の周辺(京都近郊)の風景が。なんと、今も平安時代の絵とあまり変わらない所があることに、驚いています。
研究されている技法、種別などについてお聞かせください。また今後の抱負をお聞かせください。
どんな作品も、コンポジシオン(構成)を、求めていくべきだと思っています。
絵を描くこと自体が元々好きなので。
どんな状況にあっても、描いていけると思います。
影響をうけたアーティストは?
総ての画家から影響を受けている。と、言ってもいいのですが。
新ためて考えてみると。
20C,フランスの画家、アンリ・マチスを今も尊敬していることに気がつきます。
小野 功夫プロフィール
1933年 大阪市に生まれる。大阪工芸高校 図案化卒業。東京芸術大学油絵科卒業
1981年 美術団体元陽会展 文部大臣賞
1985年 パリ国際サロン魁展 優秀賞
2001年 日仏現代美術世界展(岡崎市)テーラー財団賞
2002年 日仏現代作家代表作家展(ブリュージュ)最優秀賞
2004年 ユーロリジョン現代美術世界展(トールン市)大賞
2014年 スペイン美術賞展(サンタンデール)準大賞
2015年 ベルギー美術賞展(トンヘレン)パリ国際サロン賞
2016年 第17回日本・フランス現代美術世界展 大賞
2016年 パリ国際サロン招待出品
2011年〜2015年 公募展、サロン・ド・トーヌに出展


JIAS日本国際美術家協会会員
テーラー財団芸術部門(パリ)会員


●Entrevue lauréat français
日本・フランス現代美術世界展の詳細はこちら

第17回日本・フランス現代美術世界展 展覧会報告を見る
Page top
  • 国際美術賞展
  • 日本・フランス現代美術世界展
  • パリ国際サロン
  • 欧州美術クラブ 公式アカウント
  • 美術賞展特設アカウント
  • パリ国際サロン
Copyright © 2015 国際公募・美術展の欧州美術クラブ All rights reserved.