HOME > 展覧会レポート:受賞者インタビュー > 第37回欧美国際公募スペイン美術賞展 2008 準大賞: 中川 輝子

受賞者インタビュー

第37回 欧美国際公募スペイン美術賞展 準大賞
絵の中でもう一度ワープさせてやりたく思い制作しました

中川 輝子 「ワープする白い空間」アクリル、100x72.7

受賞者インタビュー
準大賞受賞の感想をお聞かせ下さい
思わぬ大きな賞を頂き、唯々驚きと感謝です
本作品を制作することになったきっかけや、制作時に工夫した点、気を遣った点などがあれば、お聞かせ下さい
十日程前に見つけたこの抜け殻の蝉は、もうこの世にいないのだと思うと、
あまりにも短い命があわれに感じられ
絵の中でもう一度ワープさせてやりたく思い制作しました。
これからの展望、今後の抱負、活動予定等を教えて下さい
観者とコミュニケーションの出来る様なウィットを感じられる作品を創作したいと、
只今勉強中です。

2010年に銀座で絵とアートクレイのコラボレーション展を予定準備中です。
中川 輝子 画歴・プロフィール
日本水彩画会会員
パリ国際サロン会員
JIAS日本国際美術家協会会員
1997 パリ国際サロン出品 
1998 パリ国際サロン出品 
1999 パリ国際サロン出品
2001 パリ国際サロン出品
2003 パリ国際サロン出品
2005 パリ国際サロン出品
2007 パリ国際サロン出品
2002 代表作家展出品・・・他多数出品
・第37回欧美国際公募 スペイン美術賞展報告はこちら
Page top
  • 国際美術賞展
  • 日本・フランス現代美術世界展
  • パリ国際サロン
  • 欧州美術クラブ 公式アカウント
  • 美術賞展特設アカウント
  • パリ国際サロン
Copyright © 2015 国際公募・美術展の欧州美術クラブ All rights reserved.