HOME > 展覧会レポート:日本・フランス現代美術世界展報告 > 第13回日本・フランス 現代美術世界展展覧会報告(2012)

日本・フランス現代美術世界展報告

第13回日本・フランス現代美術世界展展覧会報告 / 入賞者一覧
2012年は8月に国立新美術館での開催となった

第13回目となる日本・フランス現代美術世界展が2012年8月8日(水)〜19日(日)の12日間に渡り東京六本木の国立新美術館3A展示室で開催された。

■第13回日本・フランス現代美術世界展
会期:2012年8月8日(水)〜19日(日)
会場:国立新美術館(東京 六本木)
後援:在日フランス大使館・在日スペイン大使館・外務省

2007年1月に誕生した六本木の国立新美術館 本展は3A展示室にて12日間の開催となった

展示風景一部紹介
邦人作家230名の265点の作品の他、フランスからはサロン・ドトーヌ作家新作、仏画壇の重鎮作家新作、ギャラリーで活躍中の気鋭作家仏人作品等の55点が会場入り口で来場者を出迎え、さらにスペイン、中国、アメリカ、オランダ、メキシコ作家による展示23点は各国の特色を見事に浮かび上がらせた。
油彩、アクリル、水彩、日本画、書、前衛書、水墨、織、染色、工芸などのあらゆる種別からなる多元多種の作品たちは、国立新美術館の広い空間を見事に彩り、本展の特長を大いに感じさせる、オリジナリティーあふれる展示となった。

ランスをはじめスペイン、中国、アメリカ、メキシコ、オランダの作品も展示された

開催に併せ様々なイベントが催された。
スペインバリャドリッド講演会 8月8日(水)国立新美術館 講堂
初日の8日(水)には館内講堂にてJIAS共催の2013年美術賞展開催地“スペイン”カスティーリャ・レオン州の州都【バリャドリッド市】よりフランシスコ・ハビエル市長が講演を行った。

2013年美術賞展開催地“バリャドリッド市より講演を行ったフランシスコ・ハビエル市長

来賓の在日スペイン大使館臨時代理大使エンリケ・アソレイ氏をはじめとする列席者達を前に、32万人都市の活気、歴史と文化を重んじるバリャドリッド市の魅力を紹介した。
表彰式 8月8日(水)国立新美術館 講堂
本展の各協賛会社による協賛賞が発表され、受賞した作家へ副賞が贈られた。

プレゼンテーターを務めたデビッド・カスナー氏とバリャドリッド市長

オープニングレセプション 8月8日(水)国立新美術館 講堂
同じく講堂にて本展の開催を祝すオープニングレセプションが催された。

左より在日スペイン大使館文化参事官サンティアゴ・エレロ・アミーゴ氏、
バリャドリッド市長フランシスコ・ハビエル氏、サロン・ドトーヌ会長の
ノエル・コレ氏、デビッド・カスナー氏、中国より天津美術学院教授ユ、
シ=ホン氏、ジャン・マリ・ザッキ氏。

レセプションには来賓として、在日スペイン大使館文化参事官サンティアゴ・エレロ・アミーゴ氏、バリャドリッド市長フランシスコ・ハビエル氏、フランスよりサロン・ドトーヌ会長のノエル・コレ氏、副会長のエルビオ氏、中国より天津美術学院教授ユ、シ=ホン氏をはじめとする5名の教授陣、JIASアメリカ支部よりデビッド・カスナー氏、本展のフランス側名誉会兼運営委員長、ル・サロン名誉会長のジャン・マリ・ザッキ氏、並びに本展協賛会社各社の皆様をお招きし、列席した100名超の作家と共に開催を祝した。

作家同士の交流の場となり楽しそうに歓談する姿が見られた

語り合う在日スペイン大使館臨時代理大使エンリケ・アソレイ氏とバリャドリッド市長

中国より天津美術学院教授ユ、シ=ホン氏をはじめとする5名の教授陣。出品者とも気さくに語らうノエル・コレ会長

寸評会 8月9日(木)国立新美術館 講堂
本年最も目玉となったイベントが寸評会であった。
講堂にて行われた出品作家への寸評会は、本年より新たにプロジェクタを利用したスライド形式が採られた。

スライド形式で1人ずつの作家へ熱心な寸評が送られた

寸評は豪華にも本展名誉会長でル・サロン名誉会長のジャン・マリ・ザッキ氏、アメリカJIAS代表デビッド・カスナー氏、スペインバリャドリッド市長フランシスコ・ハビエル氏の三名に加え、フランス サロン・ドトーヌ協会の会長を務めるノエル・コレ会長、エルビオ副会長という豪華な各国の画壇に精通する5名により行われた。
出席した約70名の作家に対し、通訳を介して丁寧に寸評した。
様々な視点と経験から、優しく情熱的に語られる寸評は、作家達を大いに励まし、今後の創作につながる貴重なアドバイスとなっただろう。

ノエル・コレ氏より「皆さんに作品の質が高く驚いた」との言葉もあり
日本の作家の熱意に応える様に予定時間を超えても熱心に寸評を送る寸評者

JIAS会員 談話会
9日講堂にてJIASアメリカ支部の画家デビッド・カスナー氏及びフランス支部の会員ジャン・マリ・ザッキ氏両名の海外会員を交えた海外作家と、国内のJIAS会員により、芸術家としての生き方、JIASの今後につき和やかな談話会が開催された。
陸前高田の絵の好きなこども達に画材をおくるチャリティープロジェクト
また会場壁面を1面使用し、「陸前高田の絵の好きなこどもたちに画材を贈るチャリティプロジェクト」の一部として、岩手県陸前高田の岩手県立高田高等学校美術部3名の作品が展示紹介された。

本年から国立新美術館へと移り、新会場での開催となった本展であったが、美術愛好家達の連日変わらぬ盛況な動員数に驚かされ、国立新美術館で開催する事の価値を改めて発見する年となった。
本会場での開催は2014年まで確定している。

本展独自の日本と多国籍からの国際色豊かな作品が融合した見事な展観は、館内でも異彩を放ち、本展の更なる発展と質の向上を期待する。
連日600人前後が来館した本展は出品作家、美術愛好家及び来場者の確認の下、惜しまれながらも幕を閉じた。
開催中の動画
開催中の展覧会・展示風景や各種の関連イベント、寸評会の様子を観る事ができます




●本展覧会の図録を販売しております。過去の傾向をお知りになりたい方は参考になさってください。
図録販売ページはこちら

第13回日本・フランス現代美術世界展 入賞者一覧

大賞


大賞:蔵本 朝美 「symphonie」油彩、116.7×90.9
→受賞者インタビュー

日仏賞

日仏賞:中村 マヤ 「MOMENT-17」油彩、116.7×90.9

日仏賞:仲田 彰夫 「うたたね」油彩・アクリル、93×119

サロン・ドトーヌ賞

サロン・ドトーヌ賞:稲澤 美穂子「飛泉」日本画、116.7×80.3

サロン・ドトーヌ賞:仲 英治 「ある風景No.4」油彩、116.7×90.9

パリ国際サロン賞

パリ国際サロン賞:奥田 雪月湖「八子ヶ峰東端」水彩、70.5×90

パリ国際サロン賞:菅原 和子 「女」油彩、118.7×92.9

新エコールドパリ浮世・絵(NEPU)賞

新エコールドパリ浮世・絵(NEPU)賞:廣瀬 万里子「悲哀 —HIAI—」日本画、72.7×90.9

新エコールドパリ浮世・絵(NEPU)賞:熊谷 睦男 「延年の舞・老女」油彩、100×80.3

優秀賞

優秀賞:手島 規子 「パンドラの箱」油彩、118.7×92.9

優秀賞:湯田 咲子 「秋の道にて」油彩、60.5×50.3

協賛賞
●マイメリ社日本総代理店、株式会社大日本美術工芸 【マイメリ賞】「マイメリ・ クラシコ油絵具画箱セット」

       TAGO 顎    「刻 630265」 アクリル/金/プラチナ 
       田崎 ときこ 「古い家」 油彩
       鶴丸 澪子  「黄昏の棚田」 油彩
       宇野 和子  「仮面のある路地 (モロッコ)」 油彩

●株式会社 クサカベ 
【クサカベ賞】「水性アルキド樹脂絵具/アキーラ18色セット」

       根田 穂美子「希望を持つための条件」 アクリル
       松井 道枝 「早春の流れ」 油彩  
       二宮 柊子 「Collection intime de costumes XVIII」 染色
         
● 船岡キャンバス製造元、日本画材工業株式会社
【フナオカ賞 フナオカキャンバスF NO2 10m 1本】

武田 泰子 「古い港町」油彩

【フナオカ準賞】
(フナオカキャンバスA F100号1枚)江崎 武春 「閃光」油彩 
(フナオカキャンバスB F100号1枚)新井 三郎 「望郷」油彩
(フナオカキャンバスF F100号1枚)仲 英治 「ある風景No.4」油彩
                 

●株式会社 生活の友社 美術の窓
【美術の窓賞】月刊『美術の窓』半年購読

  中村 マヤ 「MOMENT-17」油彩
  佐藤 圭  「『絆』イメージ」 墨象

      
*協賛各賞につきましては特別賞として2012年8月8日の表彰式にて発表、副賞授与致しました。
審査員
●ジャン・マリ・ザッキ:本展フランス側名誉会長兼運営委員長、ル・サロン名誉会長、新エコールドパリ浮世・絵美術家協会会長他
●エルベ・ロワリエ:エコール・ポリテク教授/サロン・ビオレ名誉会長他
●ロジェ・ブイヨ:フランス美術評論家
●馬郡 まりこ:JIAS日本国際美術家協会代表/欧州美術クラブ代表
特別審査員(賞審査として)
●ノエル・コレ:サロン・ドトーヌ会長/美術評論家
●アンドレ・エルヴィオ:サロン・ドトーヌ副会長/ユネスコ造形美術評議会会長
副賞
●大賞:13年『第14回日本・フランス現代美術世界展』出品招待-壁面一面特別展示(壁面5.8m/作品4〜5点。各サイズ50号まで)
●日仏賞:2013年『第14回日本・フランス現代美術世界展』出品招待
●サロン・ドトーヌ賞:2013年『第14回日本・フランス現代美術世界展』出品招待
●パリ国際サロン賞:2013年『第28回パリ国際サロン』出品招待
●新エコールドパリ浮世・絵(NEPU)賞:2013年度NEPU公認作家として1年間国内外に広報される。

★表彰式は2013年8月に東京で行う予定です。授賞者には後日詳細を改めてご連絡致します。
★本展の出品証明書は2013年9月頃、全入選作家に郵送されます。
Page top
  • 国際美術賞展
  • 日本・フランス現代美術世界展
  • パリ国際サロン
  • 欧州美術クラブ 公式アカウント
  • 美術賞展特設アカウント
  • パリ国際サロン
Copyright © 2015 国際公募・美術展の欧州美術クラブ All rights reserved.