HOME > 展覧会レポート:日本・フランス現代美術世界展報告 > 第12回日本・フランス 現代美術世界展展覧会報告(2011)

日本・フランス現代美術世界展報告

第12回日本・フランス現代美術世界展展覧会報告 / 入賞者一覧
・日 時 :2011年1月21日(金)〜1月23日(日)11:00〜20:00
・会 場 :スパイラルガーデン(1F)
・主 催 :JIAS日本国際美術家協会 /欧州美術クラブ
・共 催 :新エコールドパリ浮世・絵美術家協会
・後 援 :在日フランス大使館/ロシア連邦大使館/外務省/在日メキシコ合衆国大使館
・参加国 :日本、フランスを中心にロシア、スペイン、アメリカ他約250点
・協 賛 :(株)大日本美術工芸 / (株)クサカベ / 日本画材工業(株) /マルオカ工業(株) / (株)生活の友社 美術の窓(abc順)
・入 場 :無料
展覧会報告
本展には、公募及び推薦により選出された邦人作家192名の215点、サロンで活躍する仏人作品16点、ロシア作品15点、スペイン、アメリカと、外国作品33点の作品が集まり、油彩・アクリル・水彩・日本画・書・水墨・工芸等をはじめとする多元多種の全225名、248点が紹介された。

昨年秋パリ国際サロンの場で仏画壇に発表された「新エコールドパリ浮世・絵美術家協会」の日本における創立記念展も兼ねた本展は、三日間に渡り芸術による異文化交流を果たした本展は、出品作家、美術愛好家及び来場者の確認の下、大変好評のうちに閉幕した。
展示内容
本展の展示は種別豊かな作品と建物とを融合させ3つの異空間にて展観された。
上昇するスパイラル状の彎曲が美しい円形空間“アトリウム”では、壁面及びスペース・スタンドにより迫力のある独創的な展示となった。
“ギャラリースペース”ではフランスをはじめ外国の気鋭作家作品、邦人の立体、工芸作品及び壁面作品が展示され、訪れる人の目を奪った。
青山通りに面する明るい空間“エスプラナード”では多様な壁面作品や外国作品を穏やかな自然光が包み込んだ。
写真左)本店運営委員のジャン・マリ・ザッキ、ポール・アムビーユの作品
関連イベント
開催に併せ様々なイベントが開催された。
メキシコ講演会
展覧会初日21日(金)には、同館8階アンクルハットにて、次回【第43回欧美国際公募メキシコ美術賞展】開催地メキシコのプエルト・バジャルタ市より、市議会議員観光委員長のイグナシオ・グズマン・ガルシア氏、同市議会議員のアナ・カリナ・シビリアン女史、同市芸術文化部長モニカ・ベネガス女史による「メキシコの歴史と美術講演会」が催された。
現地の魅力的な映像や音楽を介して、歴史・文化・芸術が講じられた。鮮やかな色彩と興味深い文化の解説に作家達が熱心に耳を傾けた。

オープニングレセプション
本展のオープニングレセプションが開催された。
来賓に在日フランス大使館文化担当官エレーヌ・ケルマシュター女史、在日ロシア連邦大使館一等書記官文化担当のフェシュン・アンドレイ氏、在日メキシコ合衆国大使館文化・広報担当一等書記官ルールデス・ソサ・マルケス女史、プエルト・バジャルタ市関係者、ロシア系フランス作家アナ・フィリモノヴァ女史、本展の各協賛会社各社らが列席し開催を祝した。
又フランス大使館、メキシコ大使館、プエルト・バジャルタ市より祝辞をいただき、訪れた約150名の出品作家と美術関係者は各国の芸術作品を前に交歓し、出会いを楽しむ盛大な会となった。
寸評会
翌22日(土)には、メキシコ プエルト・バジャルタ市議会議員観光委員長イグナシオ・グズマン・ガルシア氏、同市議会議員アナ・カリナ・シビリアン女史、同市芸術文化部長モニカ・ベネガス女史、ロシア系仏作家アナ・フィリモノヴァ女史ら4人による「寸評会」が開催され、メキシコ及びロシア双方の寸評が通訳を介して出品作家一人一人にじっくり語られた。
様々な視点から丁寧にアドバイスを語る寸評は、希望した約50名の作家達を励ました。
日露芸術文化交流会
開催前日20日(木)本展のプレスリリースの場として在日ロシア連邦大使館のお力添えで「日露芸術文化交流会」が大使館小ホールにて開催された。
日・露美術記者をはじめメキシコ、ロシア、フランス関係者が来会され、日・仏・露作品22点が展示・発表された。
在日ロシア連邦大使館一等書記官文化担当フェシュン・アンドレイ氏から「ロシア大使館でこの様な催しを行ったのは初めてであり、非常に嬉しく思っている。文化的催しに対して今後大使館は協力を惜しまない」とのお言葉を頂き、延期を余儀なくされたロシア美術賞展の将来の開催を展望する機会となった。

第12回日本・フランス現代美術世界展 入賞者一覧

大賞

大賞:山崖 徹朗「漆画・蒔絵・仮眠」漆画、90.9×92.7

日仏賞

日仏賞:松村 洋子「カップル」 アクリル、90.9×90.9

日仏賞:岩谷 富男「焰」 混合技法、91×73

パリ国際サロン賞

パリ国際サロン賞 : 墨矢 昌子「赤いはな」 水彩、73×103

ドローイング賞

ドローイング賞:菊地 佳美「旅の途中Ⅱ」 水彩、89.3×69.3

優秀賞

優秀賞:梶田 幹穂「出雲の祭(ホーランエンヤ采振り踊り)」水墨、91×72.7

優秀賞:金井 喜代子「軽井沢 雲場池」 油彩、91×117

優秀賞:小安 幸子「a piece of mind2」 前衛書、69.5×68.5

優秀賞:竹政 清美「Variation-夢」 油彩、60.6×72.7

優秀賞:津江 三千子「月に咲く」 日本画、72.7×90.9

優秀賞:卜部 衣世「静から動へ」 油彩、53×66.6

テーマ賞

テーマ賞:扇谷 玉華「麗峰富士」 水墨、90.9×65.2

ロシア友好賞

ロシア友好賞:姜 賢三「手水鉢」 アクリル、100×80.3

ロシア友好賞:森谷 紘子
「僕らドレミのうた歌ったらお空が真赤に燃えてきた。ゆかい、ゆかいと星キラキラおどりだす」油彩、60.6×72.7

ロシア友好賞:石澤 暁夫「AURA MILLION -闇に光る-」アクリル、116.7×90.8

ロシア友好賞:小澤 美枝子「巻龍」 押し花、81.7×63.6

ロシア友好賞:植田 直樹「桜散る時」 油彩、91×65.5

審査員
●ジャン・マリ・ザッキ:本展フランス側名誉会長兼運営委員長、ル・サロン名誉会長、新エコールドパリ浮世・絵美術家協会会長
●エルべ・ロワリエ:エコール・ポリテクニーク教授、サロン・ビオレ名誉会長
●ロジェ・ブイヨ:フランス美術評論家
●馬郡俊文:欧州美術クラブ・JIAS日本国際美術家協会代表・新エコールドパリ浮世・絵美術家協会東京本部会長
副賞
大賞

賞金50万円及び2011年パリ国際サロン個展部門出品招待※作品5点出品。個展カタログ作成。
日仏賞

次回日本・フランス現代美術世界展出品招待。
パリ国際サロン賞

2011年パリ国際サロン出品招待
ドローイング賞

2011年度ドローイング・デッサン版画コンクール出品招待。
協賛賞
●マイメリ社日本総代理店、株式会社大日本美術工芸
【マイメリ賞】「マイメリクラシコ画箱セット」

・千葉 れい「Snow Crystal」 染色・シルク、63×73
・金井 喜代子「軽井沢 雲場池」 油彩、91×117
・三戸 美保 「情景」 和紙・パステル・アクリル、100×80.3
・朋百香  「カサブランカ」 アクリル・パステル、74×53

●株式会社 クサカベ 
【クサカベ賞】「水彩絵具18色セット」

・中村 歩  「夢追人」 鉛筆デッサン、90.9×65.2
・吉田 政巳 「静かな参道(奈良・二月堂)」 水彩、100×72.7  
・池本 孝  「時の中へ」 和きり絵、 85×60

● 船岡キャンバス製造元、日本画材工業株式会社
【フナオカ賞 フナオカキャンバスF NO2 10m 1本】

・宮向井 勇 「大きな扉」アクリル、90.9×72.7

【フナオカ準賞】フナオカキャンバスF100号1枚

・姜 賢三 「手水鉢」アクリル、100×80.3
・佐々木綱昌 「日」油彩、91×91
・佐藤テイ子 「示現(観自在菩薩)」油彩、91×72.7

●株式会社 生活の友社 美術の窓
【美術の窓賞】月刊『美術の窓』半年購読

・岸上 奈生 「雪」 創作人形、43×32×28
・田村 康夫 「欧州の風」 工芸/ステンレスと石、56×10×50

●マルオカ工業株式会社 
【マルオカ賞】100号キャンバス木枠

・松村 洋子 「カップル」 アクリル、90.9×90.9

★ロシア友好賞授賞作品は2011年1月在日ロシア連邦大使館小ホールにて世界展プレスリリースとして交流会が催された際、仏・露作品と共に展示紹介されました。
★表彰式は2012年1月に東京で行う予定です。授賞者には後日詳細を改めてご連絡致します。
★本展の出品証明書は2012年初頭に全入選作家に郵送致します。
★協賛各賞につきましては特別賞として2011年1月21日の表彰式にて発表、副賞授与致しました。
Page top
  • 国際美術賞展
  • 日本・フランス現代美術世界展
  • パリ国際サロン
  • 欧州美術クラブ 公式アカウント
  • 美術賞展特設アカウント
  • パリ国際サロン
Copyright © 2015 国際公募・美術展の欧州美術クラブ All rights reserved.